logo

野焼き|NOYAKI

阿蘇の草原では千年以上前から牛馬を飼い、草を利用した農業が営まれてきた。
一般的に草原は人の手を加えなければ時間と共に森林化してしまう。
阿蘇では毎年春を迎える前に枯れた草を焼き払い、新しい草の芽生えを助け森林化を抑えている。これが野焼きと呼ばれる。
草原を焼くことによって害虫も駆除され、健全な放牧が守られている。
阿蘇の草原は野焼きによって保たれており、そこには阿蘇にしかない美しい景観と草原特有の多様な生態系があり、草原を利用し維持していくための固有の文化が育まれている。

Since over 1000 years ago on the meadows of Aso, farmers have raised cows and horses, through agricultural methods using grass.
In general, unless meadows are cared for, with time they will revert back to nature.
At Aso, before welcoming spring, the dead grass are burned, helping new grass seedlings to sprout, and preventing forestation. This process is called controlled burning.
By burning the plains, pests are removed as well, protecting a healthy pasture.
Through controlled burning, the Aso meadows are maintained, enabling a beautifully scenic ecosystem unique to the plains of Aso, and the growth of a distinct culture for the usage and preservation of these grassy fields.

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks



コメントは停止中です。

YOU MAY LIKE

スクリーンショット 2014-01-16 18.18.39

ケベス祭|KEBESUSAI

スクリーンショット 2014-04-01 21.45.34

日本酒|SAKE