logo

普光寺 七夕祈願祭 | TANABATA KIGANSAI

 

福岡県宮若市、日陽山普光寺。平安時代に作られた「毘沙門天」をご本尊とする、自然の静寂に包まれた山寺。この毘沙門天像、火難のため左腕を失い全身火傷に覆れている。本堂改築を機に十二年毎(寅年)のご開帳となる秘仏。7月7日に行われる七夕祈願祭。祈願成就の祈念のためのものだが、この普光寺では、住職による琵琶の演奏が行われる事で知られている。

琵琶は東アジアの弦楽器のひとつ。弓を使わず、弦を弾いて音を出す撥弦楽器。日本へは7、8世紀に中国より伝わったとされている。中国の琵琶がフレットを増やして、楽器としての機能向上によって表現力を高めたのとは逆に、日本の琵琶はフレットを増やさず(場合によっては減らし)、その分演奏者の技倆をできるだけ活かして微妙な演奏を行うことを好んだ。また中国琵琶が金属弦を取り入れているのに対し、日本琵琶は絹糸の繊細な音色を大切にしている。一方リュートが撥を捨て、指頭で弾くことから多音性を発達させ、弦数も増えていったのに比べ、日本の琵琶は逆に撥を大型化して一音にすべてを込め、また打楽器的効果を持たせたのが特徴である。

 

Hinatayama Fukkoji Temple, located in Miyawaka, Fukuoka Prefecture. This mountain temple sits in natural quietude and is built in worship of a Bishamonten statue from the Heian period. Because of a fire, the Bishamonten idol is missing its left arm and is marred with burns. Since the renovation of the main hall, a new tradition began where every twelve years (the year of the tiger), the Bishamonten image is brought out for public viewing. The Tanabata Festival on July 7th is generally known as an occasion where prayers are fulfilled, but Fukkoji is known for its concerts, where the chief priestess of the temple performs on the biwa, a Japanese lute.

 


大きな地図で見る

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks



コメントは停止中です。

YOU MAY LIKE

スクリーンショット 2015-08-11 19.08.12(2)

野焼き|NOYAKI

スクリーンショット 2014-01-16 18.18.39

ケベス祭|KEBESUSAI