logo

ケベス祭|KEBESUSAI

 

「ケベス祭」は岩倉社(いわくらしゃ)の秋の大祭で、毎日10月14日の宵祭りに行われる火祭りである。祭りの起源やケベスの語源についての記録は一切無く、すべてが謎に包まれた祭りである。火のついたシダ束を差又の先にさし、参拝者に遠慮なく火の粉をあびせる。逃げる参拝者、追う白装束、女性や子供等の叫び声が夜空にこだまし、巨木に囲まれた岩倉社の境内は、神火に包まれ幽玄な火祭りは最高潮に達する。この火の粉をあびると、無病息災であるといわれる。

ただ、櫛来(くしく)の地区を10の組に分け、毎年順番で当場(とうば)となり、古来からの言い伝えを受け継ぎ、守り続けてきた祭りである。この祭りの主役は、何といってもケベスである。このケベスは、当場の中から13日の夜、神官の吊りくじで決定する。翌14日の夜6時から男衆全員海に入り潮かき(禊)をして身を清め、夜7時本殿で神官の祝詞(のりと)が終わると、神官からケベス面が渡され着用する。本殿前の庭に積まれたシダに点火し燃え上がったところで、ケベスを中心に太鼓・笛・鉦(かね)による練楽(ねんがく)が始まる。

ケベスは差又(さすまた(槍のような棒))を肩にかつぎ白装束・白足袋姿で、四拍子のおはやしに合わせて調子を取りながらゆっくり進む。ひと回りすると、ケベスは庭火に向かって突き進む。それを白装束姿の当場が差又で受け止め、格闘の末、練楽の列に押し戻される。2回目も同じ事を繰り返し、3回目には庭火に突込み火をかきまぜる。この一連の所作を3回繰り返し、合わせて9回目には庭火に飛び込んで火をこねる。これと同時に白装束の当場の男達は、火のついたシダ束を差又の先にさし、参拝者に遠慮なく火の粉をあびせる。逃げる参拝者、追う白装束、女性や子供等の叫び声が夜空にこだまし、巨木に囲まれた岩倉社の境内は、神火に包まれ幽玄な火祭りは最高潮に達する。この火の粉をあびると、無病息災であるといわれる。やがて、燃えさかった庭火が衰えた頃、閉めの太鼓が鳴らされ火祭りは終わり、静かな夜に戻る。

又、この祭りに奉仕する当場の氏子は、祭りの一週間前から、今も厳格に古来からの禁忌を守っている。それは、当場の全員が精進潔斎の生活に入り、当場以外の人とは一切火を交えない。つまり、火を加えたもので他人とは食事をしない。学校の児童生徒は給食を食べず弁当を持参し、勤め人も弁当や湯茶を持参する。また夫婦はこの間、性交も禁じられる。ことほか身内に不幸(黒不浄)が生じた場合、10日間は祭りに参加する事が出来ない等厳しい禁忌がある。

 

The Kebesu Festival is a major fall festival held at Iwakura Shrine each year. At this unusual festival, participants are liberally subjected to the sparks from leaping flames. Shrine guardians clad in white playfully chase onlookers with boughs of burning leaves. The shrieks of women and children alike echo across the night sky, bringing the festival to its peak of excitement. The glint of the sacred flames lights up onlookers’ faces as they gaze in awe at these subtly enchanting proceedings. It is said that those upon whom a spark alights will enjoy sound health for years to come. There are no records of the festival’s origin nor on the etymology of the strange word “Kebesu” — everything about this rite remains a mystery.

 


大きな地図で見る

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks



コメントは停止中です。

YOU MAY LIKE

スクリーンショット 2013-12-27 15.44.56

丹波 | TAMBA