logo

風治八幡宮 川渡り神幸祭 | KAWAWATARI JINKOSAI

 

福岡県の五大祭りの1つ、風治八幡宮 川渡り神幸祭(ふうじはちまんぐう かわわたりじんこうさい)。風治八幡宮の神様がみこしに乗り、川向こうのお旅所までの旅行を行い、各山笠は、そのお供をするというストーリーの祭り。永禄年間(1558年 – 1569年)、に疫病が流行した際、村の氏神である風治八幡宮にその終息を祈願し、成就のお礼として幟山笠を奉納されたことが起源とされている。450年も続く祭りである。

 

The Kawawatari Jinkosai (River Crossing Festival) at Fuji Hachimangu is one of Fukuoka Prefecture’s five great festivals. The shrine deity “boards” a portable shrine and goes on a journey across the river. In this narrative, each float is tasked with assisting in the shrine’s safe passage. As the story goes, during the Eiroku era (1558-1569), an epidemic took its toll on the area, so villagers turned to Fuji Hachimangu, the local deity, and prayed for the plague to pass. In thanks for their wishes being fulfilled, the townspeople built pennant-bearing floats as offerings. This festival has been practiced for 450 years.

 

筑豊一ノ宮 風治八幡宮

〒825-0014 福岡県田川市魚町2-30


大きな地図で見る

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks



コメントは停止中です。

YOU MAY LIKE

スクリーンショット 2014-08-16 10.50.31

鬼火焚き|ONIBITAKI

スクリーンショット 2013-12-27 15.44.56

丹波 | TAMBA